総ブリッジから部分入れ歯へ〜歯を失わないための対処法〜 | 東京の入れ歯なら千代田区の入れ歯専門 稲葉歯科医院へ

東京の入れ歯なら千代田区の稲葉歯科医院へ

総ブリッジから部分入れ歯へ〜歯を失わないための対処法〜

上の歯がほとんどなく、数本の歯で支えている総ブリッジをしており、神経が無い歯がぐらついてきて、ブリッジが落ちてきそうです。
 
という状態で、ご相談にいらっしゃる方が多くいらっしゃいます。(特に上の歯に多いです。)
 

 
・部分入れ歯には抵抗がある。
・インプラントの相談へ行ったけれども、骨が薄いためできないと言われた。
・負担がかかっているのはわかっており、いつ取れてしまうか不安。


 
神経の治療をした歯は弱いため、負担をかけてしまうとぐらついたり、折れてしまう可能性があります。
 
できる限り、入れ歯は避けたいため、無理をしてでもブリッジにしてしまうというケースはよくある事だと思います。

 

しかし、もともと弱い歯にブリッジをかけるとどのような事になるか。
 
初めは良くとも、しばらくすると揺れを感じるようになります。
 
ブリッジが揺れ始めると、長く持って数年だと思います。
 
歯に負担をかけず、できる限り失わないようにするには、どのような対処法があるか。
 
また、残念ながら歯を失ってしまった場合にはどのような方法があるのか。
 
という事について2回に分けてお伝えしたいと思います。

 

沢山の歯を失ってしまい、神経がない歯と神経がある歯が混在している場合。
 
総ブリッジのように負担をかけてしまうと歯の喪失を早めてしまう可能性があります。
 
また、ブリッジに使う金属が重いために、重力の関係で落ちてきてしまいます。
 
歯に負担をかけず、できる限り失わないようにするためには、どのような方法があるのでしょうか?

 

当院ではテレスコープ義歯で対応しております。
 
テレスコープ義歯は、歯に直接被せる内冠と、取り外しができる入れ歯の外冠で構成されています。

 


 
⑴弱い歯同士を繋げてあげる。
 
繋げて一体化させる事で全体的に強くなります。(内冠)
 
向かって左下の歯は、すでに割れてしまっていたので、万が一抜けてしまったとしても、修理がしやすいように離してあります。
 

 
⑵歯だけに負担がかからないように、上あごに床をつけます。
 
床により、かむ力を上あごにも分散させ、歯を守ります。
 
内冠の上に更に、外冠をかぶせる形です。
 

 
⑶歯に負担がかからないように、軽い金属を用います。
 
強度を保ちながら軽くすることができる金属、コバルトクロムを使用します。
 

 
現在、2年経過中です。
 
全ての歯において、神経の治療がされておりますが、本数はあるため、取り外しができるリーゲルテレスコープというブリッジタイプの入れ歯で治療をさせていただきました。
 

 
取り外しができることで、修理もできます。
 
患者さまには、将来歯を失う可能性があることもお伝えしてありますが、できる限り長く使っていただけるようにメンテナンスをさせていただき、経過を見ていきたいと思います。
 
「総ブリッジから部分入れ歯」次回は、残念ながら歯を失ってしまった方への治療方法をお伝えいたします。

 
総ブリッジから部分入れ歯へ〜歯を失ってしまった方への対処法〜
 

 

 

 

 

関連する入れ歯のブログ記事

ブログトップへ戻る