若くして総入れ歯の人はいるのでしょうか? | 東京千代田区のドイツ式入れ歯専門 稲葉歯科医院

東京の入れ歯なら千代田区の稲葉歯科医院へ

若くして総入れ歯の人はいるのでしょうか?

こんにちは。

稲葉歯科医院院長、稲葉由里子です。

 

「若くして総入れ歯の人はいるのでしょうか?」 まわりに聞けずに悩まれている方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

恥ずかしくて、歯医者さんに相談に行くのも怖い。

ということで、引きこもってしまっているのではないでしょうか。

 

もし、この記事を読んでいただき、歯医者さんに相談に行く手助けになることができればと思います。

若くて全ての歯を失ってしまった方、また数本しか残っていなくてインプラント治療と迷って相談にいらっしゃる方、実はとても多いのです。

 

例えば、こちらの女性。

 

 

虫歯と歯周病が進み、どうしても歯を保存することができない状況でした。

 

患者様もそれをよくわかっていて、自暴自棄になっていらっしゃいました。

 

レントゲンで見ると、骨も薄いため、インプラントは難しく、また患者様自身も総入れ歯をご希望されたので、治療を進めさせていただくことになりました。

 

 

抜歯を行い、すぐに仮歯を作りしばらく使っていただいていたのですが、その時点で患者様の表情だけではなく、心の中が明るくなりました。

 

時折笑顔も見せてくださり、この時点で安心していただきました。

 

 

そして、本格的な型取りが始まります。

 

当院の総入れ歯の特徴は、上下を一緒に型取りを行い、口の中の情報を丸ごとコピーできることです。

 

 

そして、ここからは、歯科技工士による、製作作業です。

 

 

一つの入れ歯を完成させるために、全能力を結束させます。

 

 

一つ一つの作業は全て手仕事。

 

少しでも気を抜いたら失敗に繋がるため、目が離せません。

 

 

そして、出来上がった総入れ歯。

 

患者様の情報が全て、この入れ歯に詰まっています。

 

 

患者様は、本当に素敵な笑顔を取り戻すことができました。

 

当院で治療を受けていただいた患者様は、入れ歯になってしまったというネガティブな気持ちよりも、笑顔を取り戻し、美味しく食事ができることの幸せの方が、ずっと勝る。

 

とおっしゃってくださいます。

 

また、インプラントにできなくて入れ歯にはできることは沢山あります。

 

総入れ歯は、内側から自然なボリュームをだすことができるため、口元を自由に作ることができ、若々しい表情を一気に取り戻すことができる方法です。

 

初めての総入れ歯に不安を持たれている方へ。
 
実際に、初めて総入れ歯を入れた方々の不安なお気持ち、その後の経過なども詳しくブログに掲載されておりますので、ぜひご参考になさってください。
 
〜総入れ歯に不安をお持ちの方へ〜当院の総入れ歯治療について>>>
 
 
▼稲葉歯科医院の総入れ歯専門サイトはこちら〜>>>

関連する入れ歯のブログ記事

ブログトップへ戻る