修理をしながら長く使える入れ歯〜リーゲルテレスコープ〜 | 東京の入れ歯なら千代田区の入れ歯専門 稲葉歯科医院へ

東京の入れ歯なら千代田区の稲葉歯科医院へ

修理をしながら長く使える入れ歯〜リーゲルテレスコープ〜

当院のテレスコープ義歯を選んでくださる患者さまの中には修理をしながら長く使えるということに共感いただいております。
 
何度も入れ歯を作り直しをするということは、大切な時間やそれにかかる費用も失ってしまうことになります。
 
テレスコープ義歯は、万が一に備え、修理ができるように設計されています。
 
実際に、どのような修理がされ、再び使っていただいているのでしょうか?
 


 
患者さまは30代女性、慢性腎不全、糖尿病があり透析をされているために医師からはインプラントはお勧めできないと言われていらっしゃいました。
 
しかし、前歯にクラスプの金具がかかる入れ歯は、どうしても受け入れることができないということで、インターネットで探してくださり、当院のテレスコープ義歯を選んでいただきました。
 
2014年、今から5年前にリーゲルテレスコープという方法で治療をさせていただきました。
 

 
5年間は、何事もなく快適に使っていただいておりましたが、右下の2本が腫れてしまい、歯を抜かなければいけない状態になってしまいました。
 
全身疾患もあったことから、念のため入院し、かかりつけの医院にて歯を抜いていただきました。
 

 
とても安心したのは、抜歯直後からリーゲルテレスコープを使うことができたことです。
 
歯を抜いた後の歯茎が、綺麗に治るのをゆっくりと待ち、修理をさせていただきました。
 

 
一番上の写真と見比べていただくと、わかると思うのですが、歯を抜いた部分に入れ歯の床を付け加えました。
 
床があると、かみしめた時に残っている歯だけではなく、粘膜でも力を分散することができます。
 

 
このように、再び修理をして使えるようになったのも、あらかじめ抜けることを想定し、手前の方の鍵穴にもレバーが引っかかるようにしていたからです。
 
万が一のことを考えておいて、本当に良かったと思いました。
 

 
修理をしてくれたのは、Weber dental labor の峰岸さん。
 
患者さまは、床をつけたことで、入れ歯がしっかりとし、動かなくなりましたとおっしゃっていただきました。

 
当院のテレスコープ義歯は、主にリーゲルテレスコープ、コーヌスクローネ、レジリエンツテレスコープがありますが、患者さまの全身状態を含めた歯の状態に合わせて、起こりうるリスクを考えながら設計を行い、お勧めしております。
 
こちらのページも合わせてご覧いただければと思います。
 

ドイツの入れ歯テレスコープ義歯とは>>>

関連する入れ歯のブログ記事

ブログトップへ戻る