レジリエンツテレスコープ-部分入れ歯・総入れ歯なら稲葉歯科医院へ|東京都千代田区

自分の歯のように思える。総入れ歯・部分入れ歯の東京秋葉原、稲葉歯科医院はお一人づつに合った治療を行っています。

TEL.03-3251-8660

平日 10:00~17:00まで診療

入れ歯無料相談
TEL.03-3251-8660

平日 10:00~17:00まで診療

レジリエンツテレスコープ

こんな症状でお悩みの方に

●歯が抜けるのを待って総入れ歯にする。
●もしくは、残っている歯を抜いてAll on 4のようなインプラントにする。

こうした選択肢の他に、当院ではもう一つの方法として、レジリエンツテレスコープをご提案させていただいております。

レジリエンツテレスコープとは?
What means by Resilienz Teleskop, Resilience telescope?

数本の歯に適応されるテレスコープ義歯という治療方法で、自分の歯の根を抜かずに利用できる方法です。審美面だけではなく、機能面も兼ね備えた方法として、ドイツ、チュービンゲン大学で開発されました。テレスコープの歴史は130年以上と大変長く、特にヨーロッパにおいて広まっている技術です。

This is a treatment option with Telescopic crown system to be used for a few remaining teeth in the dental arch which can be applied without any natural teeth root extraction. The system is excellent in esthetics and function based on German development. Telescopic crowns are very old with a history over more than 130 years and accepted worldwide.

English page >>>

このような方は、ご相談ください
●歯周病がとても進んでいて、ほとんど歯がグラグラ。数本以外は・・・・ここまで悪くしてしまったけど、できるだけ歯は残したい。
●歯医者のトラウマで長い間放置をした結果、ほとんどの歯を抜かなければいけなくなってしまった。
●骨量が不足していてインプラントができないと言われた。
●残せる歯もすべて抜いてインプラントを進められた。
●歯がぐらぐらで噛むことができない。
●数本しか残ってないため、総入れ歯になるのを待っている状態。
●残っている歯をすべて抜いて、総入れ歯にするかインプラントにするか迷っている。

特に残っている歯が数本しかない場合、「総入れ歯になるまで歯が抜けるのを待ちましょう。」という先生の言葉は、患者さまにとって精神的にも大変不安な状態にあると思います。当院では、できる限り患者さまのご要望にお応えしたいと思いますので、是非相談ください。

【ドイツの入れ歯】レジリエンツテレスコープとAll on 4,6(インプラント)の違い

「以前歯科医院でAll on 4またはAll on 6(インプラント)を提案していただいたが、入れ歯も見直してみたい。」

最近、ご相談にみえる患者さまの中でこうおっしゃる方が非常に増えたように感じます。All on 4,6(オールオンフォー、シックス)とは、総入れ歯や沢山の歯を失った方に、4本または6本のインプラントを土台にして入れ歯を入れる方法です。ここではAll on 4,6(インプラント)とレジリエンツテレスコープとの違いをご説明します。

All on 4,6(インプラント)の特徴
まず、インプラント治療には外科治療が必要です。また治療後の歯周のメンテナンスは通常の歯の何倍も大変です。多くの歯を歯周病で失った方がインプラントをすることで、また同じことを繰り返してしまう可能性もあります。

そして、多くの方が骨量が減少しています。そのような方の場合、4本または6本で支えるAll on 4、6のインプラントは無理な力がかかる場合があります。たとえ弱い力でも歯の力がそのまま伝わってしまうので、インプラントでは支えきれなくなる可能性もあり、骨をさらに吸収させる原因ともなります。

例えば40歳で治療したとして、その後何年の間使うことができるのだろう・・・と不安に思われる方もいらっしゃると思います。

レジリエンツテレスコープの特徴
レジリエンツテレスコープなら、外科治療の必要はありません。ご自分の歯を利用して入れ歯を支えることができます。

粘膜で支える入れ歯なので、歯根膜を残すことができます。自分の歯の根には歯根膜が備わっていて、噛んだときにその感覚を脳に送る役割があります。1本でもご自分の歯を守ることが大事なのはこのような歯根膜の反応を保つためでもあります。

また、骨の量が少なくても問題ありません。外科的治療も必要がありません。万が一、土台の歯を失うことがあっても、歯科技工士による入れ歯のメンテナンスで、その後も使うことができます。

ドイツチュービンゲン大学のOberarzt(オーバーアルツト)のManfred Hoffmann(マンフレットホフマン先生)が1966年にレジリエンツテレスコープを発案して50年以上経過した歴史ある入れ歯は、自由に口元を作ることができ見た目にも美しいため、当院では患者さまの体の一部として使っていただいております。

【ドイツの入れ歯】レジリエンツテレスコープの特徴とメリット

少ない本数だからこそできる審美的に優れた入れ歯
少ない本数だからこそできること。それは、口元を自由に作ることができることです。

歯を失うと、骨が吸収して、口元がへこみ、老けて見られることがあります。レジリエンツテレスコープは、口元のボリュームをだすことができるため、ほうれい線を目立たなくし、かみ合わせを整えることで口の周りの筋肉がしっかりと使われるため、美しい口元を取り戻すことができます。

例えば、美容皮膚科で、しわを目立たなくするようにヒアルロン酸を注入することがありますが、レジリエンツテレスコープは、骨が薄くなった部分を内側から膨らます事ができるため、特別なことはしなくとも膨らみを保つことができます。歯の大きさも、その方に一番似合う大きさを、顔の大きさや鼻の膨らみなどから測定します。唇から覗く歯の長さ、なども設定することができます。

いかにも、入れ歯という感じではなく、自然だけれど、上品な笑顔を作ることができます。


少ない歯を抜かずに利用できる
「歯の本数が少ないから、歯が抜けて総入れ歯になるのを待つしかない」
「歯がぐらぐらだから、抜いて総入れ歯にしたほうがいい」
と言われ、ショックを受けているという方が当院に相談にいらっしゃいます。

レジリエンツテレスコープは、ドイツのチュービンゲン大学で開発された方法で、残っている歯を抜かずに利用できます。万が一、歯を失うことがあっても、歯科技工士によるメンテナンスや修理により、その後も使うことができます。イメージとしては、先にゴールの形を決めておいて、そこから引き算していくという感じです。

自分の歯は抜かずに、メンテナンスにより歯を守りながら使うことができる、ドイツの入れ歯レジリエンツテレスコープは、これから、日本でも広まってもらいたいと願います。


夜寝るときも取り外しをする必要がありません
たとえ、家族であっても、歯が無い状態をみせるのは嫌なものです。外すときは食事の後、歯磨きをするときだけ。歯を磨いた後、入れ歯を清掃し、そのままつけたままお休みいただけます。


メンテナンスをしながら長く使っていただくことができます
当院では、歯科医師、歯科衛生士に加え、歯科技工士が責任を持ってお一人の患者様の歯をお守りするパートナー制度を整えております。レジリエンツテレスコープは、歯が抜けたら作り直しではなく、メンテナンスをしながら使っていただくものです。定期的なメンテナンスの際には、歯科衛生士によるクリーニングの他に、歯科技工士によるチェックも行われ、常に快適な状態をご提供させていただきます。

あなた専属のパートナー制度について >>>

入れ歯の相談は友達同士ではなかなか難しいかもしれませんが、歯科医院でしたら出来る限り相談にのることが可能です。また、患者さまが安心していただけるように、常にサポートをさせていただきたいと思います。

メールでの相談も受け付けております。

どうぞお気軽に連絡いただければと思います。担当の歯科医師より、ご連絡をさせていただきます。

ドイツ式テレスコープ義歯のご紹介 >>>

入れ歯 無料相談 >>>