ルイヴィトンの工房のように作られた入れ歯 | 東京の入れ歯なら千代田区の稲葉歯科医院へ

東京の入れ歯なら千代田区の稲葉歯科医院へ

ルイヴィトンの工房のように作られた入れ歯

先日、Weber dental labor 歯科技工士 峰岸真沙彦さんとのお仕事で、とても嬉しい出来事がありました。

患者さまは、とても美しい方なのですが、口元が気になり、笑うことがなかなかできずにおりました。
 

 
こちらは、ドイツの入れ歯レジリエンツテレスコープです。
残っている歯の本数が少ない方に、ご自身の歯を利用でき、歯にできる限り負担をかけないように考えられた入れ歯です。

 

この入れ歯を作るために、私と峰岸さんは沢山相談をしてきて、患者さまが一番美しく見えるように細かな工夫も考えました。
何よりも峰岸さんがこの技工にかけてきた数ヶ月の間、一番頑張りました。
 

 


 

装着直後の口元のお写真です。

綺麗に仕上げることができました。
数日後、調整に来院されたのですが、患者さまの表情がまるっきり変わっていることに気づきました。
 

口角が上がり、頬に赤みが差し、口元がすっと引き締まっているのです。
それにご自身でもお気づきになったのだと思いますが、今まで控えめだった方が、突然沢山の感謝の言葉を発してくださったのです。
 

「沢山の方が私のために関わってくださり、大切な物を手に入れることができて本当に幸せです。以前、ルイヴィトンの工房を見学したことがあるのですが、私の入れ歯はそれと同じように作ってもらえたと思っています。本当にありがとうございました。」

 

ルイヴィトンの工房とは。

最高の褒め言葉だと思いました。
同等の価値を見出して頂けて、本当に光栄です。
 
患者さまに、実際にドイツ式入れ歯、テレスコープ義歯を製作しているところを見ていただくことで、歯科技工士という仕事を知っていただくことができれば素晴らしいなと思い浮かびました。
 
この度新しい取り組みとして、Weber dental labor 見学ツアーという企画を皆で考えて見ました✨

すでにドイツ式入れ歯を使ってくださっている方はもちろんのこと、ドイツ式入れ歯というものを知ったけれど、どのようなものなのかなぁ。

と興味を持ってくださっている患者さま。
 

ぜひ、一度いらっしゃってください☆彡
 

こちらのページに詳細を載せてあります。
 

Weber dental labor 見学ツアー

 

小さな歯科技工所ですが、スタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

関連する入れ歯のブログ記事

ブログトップへ戻る