入れ歯がゆるいとお悩みの方へ〜部分入れ歯編〜 | 東京の入れ歯なら千代田区の入れ歯専門 稲葉歯科医院へ

東京の入れ歯なら千代田区の稲葉歯科医院へ

入れ歯がゆるいとお悩みの方へ〜部分入れ歯編〜

部分入れ歯がゆるいため、違和感がありしゃべることもできず、発音もはっきりとせずに困っています。
また、食べ物を噛んでも、味がなく痛みがありますが、半年もすれば慣れると言われましたが、いつまで経っても慣れないため不安を感じています。

 
とご相談をいただくことがあります。
 

 
例えば、このような部分入れ歯。
 
上あごの場合、落ちてきそうになり、下あごの場合、浮き上がりそうになる度に、舌で押さえなければならず、一日中入れ歯の心配が頭から離れないのではないでしょうか。


 
入れ歯がゆるいから、金具をきつく締めると、歯に負担がかかり、痛みがでてしまう。
 
入れ歯が動くと、歯も動かしてしまい、いつの間にか支えている歯も揺れだし、最終的には大切な歯を失ってしまいます。
 
そして、また新しく入れ歯を作り変える・・・という、負の連鎖を引き起こしてしまいます。
 
そのため「部分入れ歯がゆるい」という状況は、歯を失う危険性も高いと言えるでしょう。
 
ノンクラスプや、金具がないシリコンの柔らかい入れ歯などの選択肢もあると思いますが、フカフカしているため、入れ歯が沈み込んでしまい、見た目は美しいと思いますが、入れ歯がゆるいため、奥歯でしっかりかむことは難しく、顎の骨も痩せてきてしまうでしょう。
 
それでは、どのような入れ歯であれば、歯を守ることができるのでしょうか?
 
それは『ゆるくない入れ歯』です。
 
当院では、ドイツで開発されたテレスコープ義歯によって、歯を守っております。
 
テレスコープ義歯とは、入れ歯先進国ドイツにおいて開発された部分入れ歯のことを言います。
 
これは、保険の部分入れ歯と違い、歯に引っ掛ける金属のバネを使わず、「はめこみ式」の装置を使った入れ歯のことをいいます。
 
テレスコープ義歯
 
他にも、患者さまの歯の状態に応じて、できる限り歯に負担をかけないような方法を選んでおります。
 
テレスコープ義歯は、一箇所に力を加えるのではなく、全体で入れ歯を支えるようなイメージです。
 
入れ歯が口の中で、動かないようにすることは、歯を守ることでもあります。
 
すでにクラスプ義歯により部分入れ歯を使われている方は、入れ歯がゆるく、常に動いていることに不安を持たれていると思います。
 
ゆるくない、動かない入れ歯について、こちらに詳しく掲載してありますので、ご一読いただければと思います。
 
ドイツの入れ歯 テレスコープ義歯とは?

 

関連する入れ歯のブログ記事

ブログトップへ戻る