当院の総入れ歯の特徴について | 東京の入れ歯なら千代田区の入れ歯専門 稲葉歯科医院へ

東京の入れ歯なら千代田区の稲葉歯科医院へ

当院の総入れ歯の特徴について

当院の総入れ歯の1番の特徴。それは、口元を自由に作ることができることです。
 
入れ歯は小さい方が良いと思っていませんか?
 
実は全く逆なのです。
 
小さい入れ歯は、口元がしぼんでしまい、年齢よりずっと老けて見えてしまいます。
 
小さな入れ歯は口の中で動いてしまい、擦れてしまい、常にどこかに痛みを感じます。また、外れてしまう不安から、入れ歯のことが頭から離れません。
 

 

それに比べ、メリハリがあり、ボリュームのある大きな入れ歯は、口元を内側から膨らますことができます。そうすることによって、ほうれい線やシワを目立たなくすることができ、口元は若々しさを取り戻すことができます。
 

口の中で動くことなく、頬の筋肉と、舌の筋肉がしっかりと入れ歯を保ちます。
 
それでは、どのようにしたら、口元を豊かにする入れ歯を作ることができるのでしょうか?
 
それは失ってしまった、口の中のスペース(デンチャースペース)を確実に再現することです。
 

 
こちらは、患者さまの実際の口の中を型取りしたものです。
 
口の中って、意外と大きいと思いませんか?
 
このスペースに、小さな入れ歯を入れてしまうと、筋肉の支えを得られずに口の中で動き回ってしまいます。
 

 
上下を一緒に型取を行うことで、口の中のスペースを再現することができます。(上下顎同時印象法)
 
従来の総入れ歯は上下別々に型取りを行うため、「先生の手加減」により、口の中のスペースが小さく取れてしまう場合が多くあります。
 
しかし、当院で行なっている上下を一緒に型を取る方法は、先生がサポートし、患者さまご自身の筋肉によって作られます。
 
従って、本来の口元の表情が確実に再現されるということです。
 
また、型取りの最中に、唾を飲んでいただくことで、食事をするときの筋肉の動きまで記録することができるという画期的なシステムです。
 

 
このようにして、口の中のスペースを型取した情報には、たくさんの情報が詰まっています。
 
これらの情報をもとに、実際に総入れ歯を製作する歯科技工士と一緒に進めていきます。
 
当院の入れ歯のもう一つの特徴として、歯科技工士の立会いがあります。
 
患者さまが一番美しく見える表情は、写真だけではわからない場合もあるため、実際にお話をして表情や話し方の確認を行うことも、クオリティーの向上につながります。
 
歯を失ってしまった方の多くは、インプラントをお考えのことと思いますが、インプラントにできなくて総入れ歯を選ぶメリットも沢山あります。
 
ぜひ、こちらの記事も合わせて読んでいただければと思います。
 
▼インプラントではなく、総入れ歯を選ぶ8つのメリット>>>

関連する入れ歯のブログ記事

ブログトップへ戻る