テレスコープ義歯の種類-最新総入れ歯・部分入れ歯なら稲葉歯科医院|東京都千代田区

自分の歯のように思える。総入れ歯・部分入れ歯の東京秋葉原、稲葉歯科医院はお一人づつに合った治療を行っています。

TEL.03-3251-8660

平日 10:00~17:00まで診療

入れ歯無料相談
TEL.03-3251-8660

平日 10:00~17:00まで診療

テレスコープ義歯の種類について

精密で長持ちする部分入れ歯、「テレスコープ」とは?

実は、歯科治療先進国・ドイツでは、「テレスコープ」という入れ歯を使っています。これは、保険の部分入れ歯と違い、歯に引っ掛ける金属のバネを使わず、「はめこみ式」の装置を使った入れ歯のことを表します。

諸外国の中でも入れ歯においてもっとも技術が進んでいるとされる、 ドイツの入れ歯テレスコープ義歯
当医院では諸外国の中でも入れ歯においてもっとも技術が進んでいるとされる、ドイツの入れ歯テレスコープ義歯を取り入れています。

テレスコープの入れ歯の歴史は1886年に始まり130年以上の歴史があります。その間、ずっと改良、進化し続けて現代にいたっているため、非常に精密で、歴史のある入れ歯として世界的に高い評価を得ています。


一度作ったら、修理しながらずっと使うことが可能
費用はかかっても質の高い、長持ちのする治療を受ける、ドイツ人の考えから生まれたものです。 日本では合わなかったり壊れたりすると何度もつくりなおしをしますが、このドイツの入れ歯は一度作ったら、修理しながら患者様に長く使っていただくことができます。


患者さまに長く使っていただくために、当院では、テレスコープ義歯専門技工所、院内技工所どちらも併設しており、患者さまお一人に対して担当の歯科技工士がついているパートナー制度を設けています。

あなた専属のパートナー制度 >>>


長い間には、残念ながら歯を失うこともあります。入れ歯の部品が壊れてしまうこともあるでしょう。そのような時に敏速に対応してくれるのが、歯科技工士です。

顧問、稲葉繁先生がはじめてドイツからリーゲルテレスコープを紹介してから40年近くになりますが、当時治療した患者さまの入れ歯が、修理を繰り返しながら、30年間ご自身の一部として使っていただいている方もいらっしゃいます。

当院のテレスコープ義歯
●リーゲルテレスコープ
●コーヌステレスコープ
●レジリエンツテレスコープ

ドイツではたくさんの種類がありますが、当院ではリーゲルテレスコープ、コーヌステレスコープ、レジリエンツテレスコープという方法でほとんどすべての症例に対応することができます。

テレスコープ義歯による入れ歯の特徴


テレスコープ義歯による入れ歯の特徴をまとめると、以下の様になります。

テレスコープ義歯の特徴
●歯にひっかける金具が見えないため、入れ歯であることが気づかれないほど自然です
●夜寝るときも外す必要がないため、ご自分の一部として使っていただけます
●食事をしているときにはずれてしまうこともありません
●違和感がなく、快適な装着感です
●インプラント同様、審美的にも優れています
●残っている歯の喪失を、入れ歯により予防ができます
 (連結固定することにより歯が動くのを止めることができるため)
●年月の経過とともに口の中の環境が変わっても修理をしながら、長く使えます
 (保険の入れ歯やノンクララスプデンチャーなどの部分入れ歯は、歯が抜けるたびに毎回作りなおしが必要です)

鍵のついた部分入れ歯【リーゲルテレスコープ】

リーゲル(Riegel)とはドイツ語でかんぬきのこと。リーゲルテレスコープとは維持装置にかんぬき(鍵)を使った部分入れ歯です。


入れ歯の中に小さな鍵がかかるようになっていて、鍵をしめると舌でさわってもわからないようになっているので、ほとんど違和感がありません。この鍵をひらくと(手で簡単にあけることができます)、すっと入れ歯を取り外すことができます。

コーヌステレスコープが内冠、外冠のくさび力で維持しているのに比べて、リーゲルテレスコープは内冠、外冠に維持力をかけません。また、神経のない弱い歯に対しても、適応できる入れ歯です。


入れ歯であることを忘れてしまう付け心地
普段は入れ歯であることを忘れてしまうぐらい付け心地がよく、寝るときは歯磨きをして、入れ歯もあらって装着したままお休みになれます。当院の入れ歯を使っていただいている方は、入れ歯をつけていない時の方が違和感があるとおっしゃいます。ご自身の体の一部として使っていただきたいと思います。

入れ歯を装着したままお休みになることで、鼻で呼吸がしやすくなり口の中の乾燥を防ぎます。唾液も出やすくなるために、口臭の予防ともなります。何よりも、家族であっても歯がない姿は見せたくないと思います。それらを解決できる入れ歯としてもご満足いただいております。


笑った時に見えるのは、白い歯だけ


テレスコープ義歯は、保険のクラスプのように見かけが悪くならず、審美的に優れ、笑った時に見えるのは、白い歯だけ、という状態になります。

※保険で適応される、クラスプ義歯


※テレスコープ義歯

テレスコープ義歯は、当院顧問、稲葉繁先生が日本に紹介し40年が経とうとしています。

本国ドイツでは130年の歴史の中で改良を重ね、適材適所に応じて、様々なタイプの入れ歯が生まれました。
日本では、コーヌスクローネ義歯が広まっていますが、ドイツでは、コーヌスクローネはいわゆるテレスコープ義歯の中の一つとして扱われており、特別な方法ではありません。

特にリーゲルテレスコープは応用範囲が広い義歯であり、修理をしながら長く使う国民性があるドイツ人らしい考えのもと生まれた入れ歯として、世界中で広まっています。

コーヌスクローネ義歯

コーヌスとは円錐形の意味で、歯に直接被せる内冠と入れ歯の本体、外冠により構成されています。(二重に被せる方法)



内冠は円錐形で角度は6度(コーヌス角)、維持力は内冠、外冠のくさび力によります。同じ形の紙コップを重ねると、ぴったりくっついて離れなる現象をイメージして頂けるとわかりやすいかもしれません。装着の最後で内冠と外冠がすっとはまることにより維持力をだします。

はずし方は入れ歯に指がかかるくぼみを作っておいて、それを持ち上げるとはずれます。この角度は歯の状態により調整することができます。

コーヌスクローネ義歯は神経のない歯には適応ではありません。歯の残っている場所によっては禁忌症もあります。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

▼見た目が美しい入れ歯、コーヌスクローネ >>>

レジリエンツテレスコープ

レジリエンツテレスコープは残っている歯が4本以内(片顎)の場合に適応されます。


少ない本数だからこそできる審美的に優れた入れ歯
レジリエンツテレスコープ 少ない本数だからこそできること。それは、口元を自由に作れることです。 歯を失うと、骨が吸収して、口元がへこみ、老けて見られることがあります。レジリエンツテレスコープは、内側から自然なボリュームを出すことができるため、ほうれい線を目立たなくさせる効果もあります。



残っている歯には負担がかからない

レジリエンツテレスコープの維持力は歯ではなく粘膜のため、ほとんど残っている歯には負担がかかりません。



レジリエンツテレスコープの内冠と外冠は、粘膜の沈み込みに合わせて200ミクロン、隙間をあけて作ります。残っている歯が数本になった場合でもレジリエンツにすることにより、歯をできるだけ長持ちさせることができます。

万が一歯を失ってしまっても、簡単な修理でそのまま長く使っていただけることができるという優れた面もあります。残っている数本にクラスプをかけてしまったら、抜けるたびに作り直しが必要です。患者さんは精神面でも疲れてしまい、時間の無駄にもなってしまいます。

夜取り外す必要もない
もちろん、夜取り外す必要もないことが患者さんは喜ばれます。ドイツの歯科医師は、夜はめたまま就寝するように指導しています。当院の義歯を使用している患者さん」も「入れ歯が体の一部になっているから外すと不安です。」とおっしゃいます。

阪神大震災の時、夜義歯を置き忘れて食事ができなくなった人がたくさんいた。という話を聞いたりします。夜何があるかわかりません。もうひとつの理由として入れ歯を入れて就寝をすることは鼻呼吸になるため口も乾きにくく、呼吸も楽になります。

インプラントと比較すると
歯をすべて抜いてインプラントにすると、上下合わせて800万から1.000万円もの費用がかかる場合もあり、骨にも負担がかかります。それに比べたら、レジリエンツテレスコープにして、できるだけご自分の歯を残すことができたほうがずっと素晴らしいと思いませんか?

私は、歯の本数が少ない方に関しては、インプラントよりも口元から自然なボリュームを出すことができるレジリエンツの方が審美的にも衛生的にも優れているのでは・・・・・と思います。

しかも理想的に歯を配列できるため、審美的にもとっても優れていて、患者さまには大変く喜んでいただいております。



レジリエンツテレスコープは、患者様から大変喜んでいただいており、当院で1番行われている入れ歯です。

詳しくは、こちらのページをご覧ください。

▼レジリエンツテレスコープとは? >>>

無料相談はこちら >>>