上あごの入れ歯が外れやすいとお悩みの方へ | 東京の入れ歯なら千代田区の入れ歯専門 稲葉歯科医院へ

東京の入れ歯なら千代田区の稲葉歯科医院へ

上あごの入れ歯が外れやすいとお悩みの方へ

入れ歯が口の中にピッタリと吸着するために大切なポイントがあります。
 
1つ目、空気が入れ歯と歯ぐきの間に入らないように工夫をすること。
 
そのためには、歯ぐきの一番奥の部分、最深部までしっかりと入れ歯で包み込むことが大切になります。
 
2つ目は、筋肉の動きを考慮する事
 
口を尖らせた時、ろうそくをフゥ〜っと消すような口元をした時に外れてしまう場合など、筋肉の動きによって外れてしまう場合もあります。
 
それらを考慮して、入れ歯の長さを決める必要があります。
 

反対に外れてしまう原因は、これらのポイントが付与されていない場合が多いと思います。
 
例えば、上あごの部分を覆わない、無口蓋義歯などは、どこからでも空気が侵入してしまうので、患者さまはとても苦労されていらっしゃるのではないでしょうか?
 

 
患者さまは40代女性、入れ歯を入れるのは初めての方でした。
 

 
上あごの一番奥に、骨が大きく盛り上がっていたため、この部分から空気が入らないように封鎖するのがとても難しいケースでした。
 
赤い部分が、空気が入りやすい場所で、この部位をピッタリとしすぎると入れ歯を外す時に痛みがでてしまうため、精密な調整が必要となりました。
 

 
しっかりとした型とりを行い、通常見えない部分も再現することで、空気の侵入を防ぐ入れ歯が出来上がりました。
 
ポイントを押さえれば、上あごの入れ歯は良好な吸着が得られます。
 
入れ歯が外れやすくてお困りの方は、原因を探すことができると思いますので、どうぞ遠慮なくご相談にいらしてください。

 

 

関連する入れ歯のブログ記事

ブログトップへ戻る