やわらかい入れ歯からコーヌスクローネへ(70代女性) | 東京の入れ歯なら千代田区の入れ歯専門 稲葉歯科医院へ

東京の入れ歯なら千代田区の稲葉歯科医院へ

やわらかい入れ歯からコーヌスクローネへ(70代女性)

先日、下顎コーヌスクローネのセットがありました。

患者様は70代女性、ご紹介で来院されました。

患者様は既に、やわらかいタイプの入れ歯を入れていらっしゃいましたが、食べ物が詰まりやすいということと、奥歯で噛む事ができない。

という事で、ドイツの入れ歯、コーヌスクローネで治療をさせていただくことになりました。

 

 

技工を担当したのは、Weber dental labor 小泉詩織さん。

彼女の丁寧な仕事を見るのが好きです。

 

 

一つ一つ手作業で作っており、どのような小さな事にもこだわりがあります。

 

 

ワックスという材料を盛り上げて作るのですが、まるでケーキのデコレーションのようですね。

 

 

このカラフルなワックスを、鋳造という工程を得て、入れ歯のフレームになります。

 

 

コナトアという機械を用いて、入れ歯が一番美しく見える位置を決めます。

 

 

1本1本丁寧に研磨を行い。

 

 

完成したコーヌスクローネです☆彡

 

 

コーヌスクローネは、歯に被せる内冠と入れ歯本体の外冠によって構成されています。

詳しくは、ぜひこちらのページをご覧ください。

 

▼見た目に美しい入れ歯 コーヌスクローネ

 

やわらかな入れ歯は、金属のバネが見えないためコーヌスクローネ同様に美しいとされています。

しかし、やわらかいために噛みしめる事が難しいと思います。(クッションのような入れ歯のため、沈み込んでしまいます。)

 

ドイツの入れ歯、コーヌスクローネは、製作時間は、150時間〜200時間。

しっかりと奥歯で噛みしめる事ができるほど頑丈にできています。

 

奥歯で噛めるようになると、口の周りの筋肉が引き締まり、頬に赤みがさし、シャープな口元になっていきます。

 

患者様の口角は上がり、美しい口元を取り戻す事ができました☆彡

 

関連する入れ歯のブログ記事

ブログトップへ戻る