若い方にもおすすめしたい、テレスコープ義歯 | 東京千代田区のドイツ式入れ歯専門 稲葉歯科医院

東京の入れ歯なら千代田区の稲葉歯科医院へ

若い方にもおすすめしたい、テレスコープ義歯


入れ歯のイメージとして「高齢者がやるもの」という印象が強く、反対にインプラントは「差し歯の延長」のようなイメージをお持ちではないでしょうか。

 
「実は差し歯なんだ」「インプラントにしたんだ」と他人に話をしても、「そうなんだね」ぐらいの反応かもしれませんが、「入れ歯なんだ」と伝えると、「ええ〜っ!」という反応があるかもしれないので、実は、入れ歯は口コミはないと思っています。
 
今回ご紹介させていただく患者さまは6年前、当院でテレスコープ義歯で治療をさせていただいた方です。
 
当時40代前半、働き盛りの素敵な男性です。
 

偶然にも当院のホームページを探してくださり、ブックマークして端から端まで読み、自分にはこれがベストだと思っていただき、テレスコープ義歯を選んでくださいました。
 
その前に、インプラント関係の病院にも話を伺ったそうですが、私と直接相談をさせていただくことで、さらに意を固めることが出来たとおっしゃっていただきました。
 
患者さまは、
 
歯の土台(歯茎、骨)がとてもしっかりしてるのならば、何本も歯を失うような事にはなかったはず。つまり、1本2本ならともかく、何本もインプラントにしたところで、当初は良いかもしれませんが、数年〜数十年先までは保てるとはご自身でも、とても思えなかったそうです。
 
テレスコープ義歯の、「将来、歯が抜ける可能性をも想定している」「修理、再加工して継続して使用出来る」「装着したまま寝られる」といったところに共感をしてくださいました。
 

 
下顎は、リーゲルテレスコープという入れ歯の中に鍵がかかる方法をご提供させていただきました。
 

 
こちらは裏側から見たもので、鍵をかけると、入れ歯が固定されます。
 

 
上顎はレジリエンツテレスコープという方法で治療をさせていただきました。
 
「インプラントも良いけれど、テレスコープ義歯がもっと身近に広まってくれたら良いのに。若い方におすすめするのであれば、お顔を出しても良いですよ。」
 
と当初おっしゃっていただくほど、素敵な感想もいただきました。
 
あれから、6年経過し、上顎は2本残念ながら歯を失ってしまいましたが、修理をしながら使っていただいております。
 
あっという間の6年でしたが、これからも長く使っていただくために、できる限りのことをさせていただきたいと思っております。

 
インプラントや入れ歯、沢山の治療方法があると思いますが、実際にどのようなものか、手にとって確かめることも大切だと思います。
 
当院では、ご希望があれば、テレスコープ義歯専門技工所の見学も受け入れておりますので、どうぞ遠慮なくお問い合わせくださいませ。
 

 

関連する入れ歯のブログ記事

ブログトップへ戻る