ジルコニアセラミックで、美しい前歯を手にいれることができた患者様(30代女性) | 東京の入れ歯なら千代田区の稲葉歯科医院へ

東京の入れ歯なら千代田区の稲葉歯科医院へ

ジルコニアセラミックで、美しい前歯を手にいれることができた患者様(30代女性)

先日のブログでご紹介させていただいた、

 

稲葉歯科医院、最大の強み〜すべての患者様に立会い技工をしています〜

 

に引き続き、Dental labor Gross の歯科技工士、高瀬さん立会いのもと、ジルコニアセラミックスのセットがありました。



 

患者様の歯はすべて神経がある生活歯ということもあり、金属を使わない、ジルコニアという材料で治療をさせていただきました。

 

オペーク色(金属の色を隠すベース)を使わないと、こんなに透明感を出すことができるのですね。

 

実際は、もっと天然歯のようだったのですが、私の腕とカメラがあまり良くなかったので、色を引き出すのがこれが限界でした。。。

 

通常、セラミックや義歯は、試適の時に歯科技工士に確認をしてもらうことが多く、セットはドクターにお任せというパターンが多いように感じます。

 

しかし、技工士的には、自分が一生懸命作った作品のその後が気になるのではないでしょうか?

 

 

最後のセットも技工士が立会いをしてくれるメリットは実は沢山あるのです。

 

コンタクト部分や、内面の細やかな調整などは、実は技工士の方が上手。

と言い切れます!

 

なぜなら、製作した本人なので、どこにエラーが出やすいかわかっているからです。

 

ドクターの代わりに、手を動かしてくれるありがたい存在となります。

 

 

高瀬さんは、いつも女性の歯を作るときは、プロポーズする女性だと思って製作するそうです。

 

そして、10歳は若返るように、形や色味にも反映します。

 

セット前セット後がどれだけ変わったかお見せしたいのですが・・・

 

厚生労働省の決まりで、6月よりビフォーアフターのお写真を載せることができなくなったので、残念。

 

彼女の美しい口元を見て、プロポーズしたい男性沢山いらっしゃるでしょうね!

 

羨ましいです╰(*´︶`*)╯♡

関連する入れ歯のブログ記事

ブログトップへ戻る