トップへ » 入れ歯をお考えの方に » テレスコープシステムとは

精密で長持ちする部分入れ歯、「テレスコープ」とは?

実は、歯科治療先進国・ドイツでは、「テレスコープ」という入れ歯を使っています。これは、保険の部分入れ歯と違い、維持装置に金属のバネを使わず、「はめこみ式」の装置を使った入れ歯のことを表します。

諸外国の中でも入れ歯においてもっとも技術が進んでいるとされる、
ドイツの入れ歯(リーゲルテレスコープ)

当医院では諸外国の中でも入れ歯においてもっとも技術が進んでいるとされる、ドイツの入れ歯(リーゲルテレスコープ)を取り入れています。

テレスコープの入れ歯の歴史は1886年に始まり130年以上の歴史があります。その間、ずっと改良、進化し続けて現代にいたっているため、非常に精密で、歴史のある入れ歯として高い評価を得ています。

一度作ったら、修理しながらずっと使うことが可能
費用はかかっても質の高い、長持ちのする治療を受ける、ドイツ人の考えから生まれたものです。 日本では合わなかったり壊れたりすると何度もつくりなおしをしますが、このドイツの入れ歯は一度作ったら、修理しながらずっと使うことが可能です。

当医院の顧問、稲葉繁先生がはじめてドイツからリーゲルテレスコープを紹介してから30年近くになりますが、当時治療した患者さまの入れ歯が、30年たった今もしっかり使われていることをみても、ドイツ人の入れ歯の技術の凄さがわかります。

当院のテレスコープシステム
●リーゲルテレスコープ
●コーヌステレスコープ
●レジリエンツテレスコープ

ドイツではたくさんの種類がありますが、当院ではリーゲルテレスコープ、コーヌステレスコープ、レジリエンツテレスコープという方法でほとんどすべての症例に対応することができます。

<患者さまの声>
当院のテレスコープシステムで治療をされた45歳男性の患者さま
自分が想像していた以上のモノでした

レジリエンツテレスコープで治療をされた59歳男性の患者さま
もっと早くに伺ってたらと後悔しました

テレスコープシステムによる入れ歯の特徴

テレスコープシステムによる入れ歯の特徴をまとめると、以下の様になります。

テレスコープシステムの特徴
●歯にひっかける金具が見えないため、入れ歯であることが気づかれないほど自然です
●夜寝るときも外す必要がないため、ご自分の一部として使っていただけます
●食事をしているときにはずれてしまうこともありません
●違和感がなく、快適な装着感です
●インプラント同様、審美的にも優れています
●残っている歯の喪失を、入れ歯により予防ができます
 (連結固定することにより歯が動くのを止めることができるため)
●年月の経過とともに口の中の環境が変わっても修理をしながら、長く使えます
 (保険の入れ歯は、歯が抜けるたびに毎回作りなおしが必要です)

鍵のついた部分入れ歯【リーゲルテレスコープ】

リーゲル(Riegel)とはドイツ語でかんぬきのこと。リーゲルテレスコープとは維持装置にかんぬき(鍵)を使った部分入れ歯です。

鍵のついた部分入れ歯「リーゲルテレスコープ」

入れ歯の中に小さな鍵がかかるようになっていて、鍵をしめると舌でさわってもわからないようになっているので、ほとんど違和感がありません。 この鍵をひらくと(手で簡単にあけることができます)、すっと入れ歯を取り外すことができます。

コーヌステレスコープが内冠、外冠のくさび力で維持しているのに比べて、リーゲルテレスコープは内冠、外冠に維持力をかけません。また、神経のない弱い歯に対しても、適応できる入れ歯です。

入れ歯であることを忘れてしまう付け心地
普段は入れ歯であることを忘れてしまうぐらい付け心地がよく、寝るときは歯磨きをして、入れ歯もあらって装着したままお休みになれます。 (寝ているときに間違えて飲んでしまうなんてことが絶対ないからです。)

笑った時に見えるのは、白い歯だけ
コーヌステレスコープが内冠が一本一本離れているのに対して、リーゲルテレスコープは内冠が連結固定してあります。見えないところに鍵をつけるため、保険のクラスプのように見かけが悪くならず、審美的に優れ、笑った時に見えるのは、白い歯だけ、という状態になります。

テレスコープシステムはドイツでは沢山の種類がありますが、日本ではコーヌステレスコープという方法しか知られていません。

テレスコープシステムにはパラレルテレスコープ、コーヌステレスコープ、リーゲルテレスコープ、レジリエンツテレスコープなどの方法があり、ケースに合わせて適材適所に合わせて使う事ができます。

リーゲルテレスコープはその中の一つの方法です。 顧問の、稲葉繁先生が、リーゲルテレスコープを始めて見たのは1978年にチュービンゲン大学に客員教授として在籍していた時の事です。 多くの臨床経験の中でも見た事の無いテレスコープだったそうです。

是非出来るようになりたいと思いドイツで、実際に患者様を受け持たせてもらいました。 チュービンゲン大学、ケルバー教授にご指導頂きながら、技工はマイスターのシーベル技工士に製作方法を詳細に教えて頂きました。

リーゲルテレスコープは一見すると取り外し可能なブリッジの一種として使われる維持装置ですが、その製作法は全く分かりませんでした。

そこで稲葉繁先生は、製作法のすべてをマイスターにご指導頂きながら臨床をさせて頂きました。 製作方法は最初は全く分かりませんでしたが、マジックの種を明かすように理解出来るようになりました 。

リーゲルテレスコープの考案者はチュービンゲン大学のシュトラック先生で、 製作者はマイスターのオイゲン シュライヒであるとケルバー教授であると教わりました。

リーゲルテレスコープの種類には回転リーゲル(ドレーリーゲル)、旋回リーゲル(シュベンクリーゲル)があります。 回転リーゲルは製作法がやや複雑なため最近あまり使われていませんが、 リーゲルレバーの設置の間隙が狭い場合には便利に使われます。

リーゲルテレスコープの「第一の特徴」は外冠と内冠の維持力は無く、取り外しに抵抗がありません。 従って維持力はリーゲルレバー(閂)によって内冠と外冠を固定します。 レバーを外せば何の抵抗も無く着脱する事が出来ます。

「第二の特徴」は一次固定が出来るために支台歯を固定する事が出来ることです。 従って支台歯をすべて固定し、長期に機能する補綴を行う事が可能となります。 稲葉繁先生の症例では30年超える症例がいくつもあります。

最近ではインプラントの上部構造にも使われるようになりました。 さらにCAD/CAMに応用され、可徹式の上部構造として今後益々応用されるものと思います。

コーヌステレスコープ

コーヌスとは円錐形の意味で、歯に直接接着させる内冠と入れ歯の本体、外冠により構成されています。(二重に被せる方法)

IMG_0038.jpg

内冠は円錐形で角度は6度(コーヌス角)、維持力は内冠、外冠のくさび力によります。同じ形の紙コップを重ねると、ぴったりくっついて離れなる現象をイメージして頂けるとわかりやすいかもしれません。装着の最後で内冠と外冠がすっとはまることにより維持力をだします。

はずし方は入れ歯に指がかかるくぼみを作っておいて、それを持ち上げるとはずれます。この角度は歯の状態により調整することができます。

コーヌステレスコープは神経のない歯には適応ではありません。歯の残っている場所によっては禁忌症もあります。
 

レジリエンツテレスコープ

レジリエンツテレスコープは残っている歯が4本以内(片顎)の場合に適応されます。

残っている歯には負担がかからない
レジエンツテレスコープの維持力は歯ではなく粘膜のため、ほとんど残っている歯には負担がかかりません。

レジリエンツテレスコープの内冠と外冠は、粘膜の沈み込みに合わせて200ミクロン、隙間をあけて作ります。残っている歯が数本になった場合でもレジリエンツにすることにより、歯をできるだけ長持ちさせることができます。

万が一歯を失ってしまっても、簡単な修理でそのまま長く使っていただけることができるという優れた面もあります。残っている数本にクラスプをかけてしまったら、抜けるたびに作り直しが必要です。患者さんは精神面でも疲れてしまい、時間の無駄にもなってしまいます。

夜取り外す必要もない
もちろん、夜取り外す必要もないことが患者さんは喜ばれます。ドイツの歯科医師は、夜はめたまま就寝するように指導しています。当院の義歯を使用している患者さん」も「入れ歯が体の一部になっているから外すと不安です。」とおっしゃいます。

阪神大震災の時、夜義歯を置き忘れて食事ができなくなった人がたくさんいた。という話を聞いたりします。夜何があるかわかりません。もうひとつの理由として入れ歯を入れて就寝をすることは鼻呼吸になるため口も乾きにくく、呼吸も楽になります。

インプラントと比較すると
下顎の歯をすべて抜いてインプラントにすると、300万から500万円もの費用がかかり、骨にも負担がかかります。それに比べたら、レジリエンツテレスコープにして、できるだけご自分の歯を残すことができたほうがずっと素晴らしいと思いませんか?

私は、歯の本数が少ない方に関しては、インプラントよりもレジリエンツの方が審美的にも衛生的にも優れているのでは・・・・・と思います。

しかも理想的に歯を配列できるため、審美的にもとっても優れていて、患者さまには大変く喜んでいただいております。

IMG_8264-1024x683.jpg

先日もすごく美人になってしまった方がいらっしゃって、そのビフォーアフターはまるで別人のようでした!

<患者さまの声>
レジリエンツテレスコープで治療をされた59歳男性の患者さまの声
もっと早くに伺ってたらと後悔しました

カテゴリー一覧

入れ歯の無料相談を行っています

入れ歯の無料相談を行っています

トップへ » 入れ歯をお考えの方に » テレスコープシステムとは


コールバック予約
英語サイト

PAGE TOP