インプラント以外の選択肢〜テレスコープ義歯〜ドイツにおける新たな取り組み | 東京の入れ歯なら千代田区の入れ歯専門 稲葉歯科医院へ

稲葉歯科医院は、患者様に合わせたオーダーメイドのドイツ式入れ歯治療を提供しております。

TEL.03-3251-8660

平日 10:00~17:00まで診療

入れ歯無料相談
TEL.03-3251-8660

平日 10:00~17:00まで診療

インプラント以外の選択肢〜テレスコープ義歯〜ドイツにおける新たな取り組み

インプラント以外の選択肢〜テレスコープ義歯〜ドイツにおける新たな取り組み

・インプラントを沢山してきたので、もうやりたくない
・インプラントが抜けてしまった

という患者様からの相談を耳にする事が多くなってきました。

これまでインプラント治療をされていた方は、今更保険の入れ歯を入れようとは思っていません。インプラントを選択された理由は「入れ歯にしたくないから」だったからです。

インプラントはしたくないけど、他に方法が見つからないと悩んでいらっしゃる方、実はとても多いのではないでしょうか?そのような方に、「インプラント以外の選択肢、〜テレスコープ義歯〜ドイツにおける新たな取り組み」についてお伝えしたいと思います。

昔ながらの「入れ歯」のイメージをお持ちの方は、昨今における入れ歯の技術との違いに驚かれることと思います。

テレスコープ義歯とは、ドイツで開発された技術で、歯に直接被せる内冠、入れ歯の本体、外冠から構成されています。

130年の歴史の中で改良を重ね、様々なタイプのテレスコープ義歯が生まれました。 その中の一つが、コーヌスクローネという入れ歯です。

コーヌスクローネ

従来型の取り外し入れ歯は、金属の金具(クラスプ)を歯に引っかけて入れ歯を入れるのに対し、コーヌスクローネは金具が見えないため、見た目に美しい入れ歯として広まっています。

コーヌスクローネについてはこちらをご覧ください。 >>>

リーゲルテレスコープとは

リーゲルテレスコープ

これまで、沢山の種類のテレスコープ義歯が考案されましたが、その中でもリーゲルテレスコープは、丈夫で長持ちする入れ歯として本場ドイツで最も行われている方法です。

リーゲルテレスコープは応用範囲が広い義歯であり、メンテナンスをしながら長く使うドイツ人らしい考えのもと生まれた入れ歯として知られています。

歯に被せる内冠

入れ歯の本体、外冠

残っている歯をできる限り連結することで、全体に力が分散されるような仕組みになっています。

リーゲル(Riegel)とはドイツ語で閂(カンヌキ)のことで、リーゲルレバーという鍵の開閉により入れ歯が動かなくなります。

歯に引っ掛ける、金属のクラスプも見える事なく、自然な口元を作る事ができます。

リーゲルテレスコープの変遷

長い歴史の中、テレスコープ義歯に使用する金属は全てゴールドを使用してきました。 しかし、世界的にゴールド価格の上昇が続き、ゴールドに変わる金属が求められるようになってきました。
(コーヌスクローネにおいては従来通りのゴールドで行うのが好ましいとされています。)

1991年、テレスコープ義歯の加工に、放電加工術を取り入れる事はできないだろうかと思い浮かんだのが、SAE DENTAL VERTRIEBS GMBH代表であり、テレスコープ義歯専門技工所Ruebelling&Klar Dental labo代表、歯科技工マイスターのMr.Günter Rübelingです。

彼は、研究を重ね、歯科で用いるには大変難しい金属、コバルトクロムを放電加工術を用いたテレスコープ義歯の応用に成功しました。

放電加工術とは、すでに日本でも、車の部品など、硬い金属などを加工するための技術として製造業では使われています。

放電加工機

例えば、マイナスとマイナスがくっつくと、ジリジリと火花が立ちます。
その原理を応用し、水や石油などの液体の中で、電極と金属の間に火花を起こし、その熱で電極の形に削り取っていく技術です。

コバルトクロムという硬い金属を、1,000度の熱で溶かしながら削り取ります。

テレスコープ義歯の加工

リーゲルテレスコープ義歯の鍵の部分の加工

コバルトクロム使用のメリット

コバルトクロムの優れた点は、軽くて強い事です。

上:リーゲルレバーを開けたところ。下:閉じたところ。
参考資料:SAE DENTAL VERTRIEBS GMBH

従来のゴールドを用いると、重さにより支える歯に負担がかかる場合があります。コバルトクロムは0.3ミリまで薄くすることができ、金属の重さが軽いため、歯にかかる負担が少なくなります。
また、薄くできるということは、舌で触った感じが自然になるため、発音もしやすくなります。

また、パラレルテレスコープにフリクションピンという維持装置を使い、入れ歯を支える技術が放電加工にて行うことができるようになりました。

歯に直接被せる内冠
参考資料:SAE DENTAL VERTRIEBS GMBH

入れ歯の本体、外冠
参考資料:SAE DENTAL VERTRIEBS GMBH

矢印の部位に入れ歯についているフリクションピンが入ります。

テレスコープ義歯という選択

写真:Geneva大学、補綴科Irena Sailer教授の講演より

製作方法もデジタル化が起こり、バーチャルな計画やデザインもされ、ドイツのテレスコープ義歯は、今後さらなる発展が期待されています。

超高齢社会を迎えた今こそ、テレスコープ義歯は日本に求められる技術であると感じます。

従来の入れ歯をイメージされ、入れ歯に躊躇されている方、よろしければご相談にいらしてください。

フォームからの相談も受け付けております。
どうぞお気軽に連絡いただければと思います。

入れ歯 無料相談 >>>