稲葉歯科医院 入れ歯ブログ

東京(千代田区)でオーダーメイドのドイツ式入れ歯「テレスコープ義歯」なら稲葉歯科医院|入れ歯ブログ

保険の部分入れ歯と自費の部分入れ歯の違いとは


<保険の部分入れ歯と自費の部分入れ歯の違いとは>

 

こちらご質問は患者さまからよくいただくご質問の1つです。

今回は、この質問に対して患者様向けにご説明させていただきたいと思います。
歯を失うと「入れ歯」という治療方法があります。

入れ歯とはピンクの人工の歯茎の上に、白い人工の歯を補っている物を指します。
そして、これらを支えるために銀色のバネを使用して、残っているご自身の歯にひっかけて、部分入れ歯がとれないようにします。

こちらが一般的な保険の入れ歯です。

 


続きを読む »

想いを込めた仕事

先日、ドイツ式入れ歯レジリエンツテレスコープをセットさせていただいた患者様より、私の義歯はルイ・ヴィトンの工房のように丁寧に作っていただいたという素敵なお言葉をいただきました。
 

ルイ・ヴィトンの工房のような・・・
 


 

それ以来、ルイ・ヴィトンについて知りたくなり、歴史や逸話などを調べてみました。
 

続きを読む »

ルイヴィトンの工房のような

先日、Weber dental labor 歯科技工士 峰岸真沙彦さんとのお仕事で、とても嬉しい出来事がありました。

患者さまは、とても美しい方なのですが、口元が気になり、笑うことがなかなかできずにおりました。
 

 
こちらは、ドイツの入れ歯レジリエンツテレスコープです。
残っている歯の本数が少ない方に、ご自身の歯を利用でき、歯にできる限り負担をかけないように考えられた入れ歯です。

続きを読む »

歯周病でほとんどの歯を失ってしまった方へ

歯周病でほとんどの歯がグラグラ、接着剤で止めながらどうにか保っていらっしゃいました。

患者さまは、40代の女性です。

どうにか残す事ができたのは、上顎親しらずが1本、下顎は犬歯が2本です。

続きを読む »

入れ歯のデザイン

ドイツの入れ歯、レジリエンツテレスコープや総入れ歯において、粘膜と入れ歯をピッタリと密着させるためには、重合という作業が行われます。

 


保険治療の入れ歯における重合方法は、上下に分かれるフラスコに蝋で作った入れ歯を埋没したのち、そこにレジンという材料を詰めて熱湯で重合させる方法でした。
続きを読む »

12345...10...