トップへ » 入れ歯をお考えの方に » レジリエンツテレスコープ » こんな症状でお悩みの方に

こんな症状でお悩みの方に

≫English page

●歯が抜けるのを待って総入れ歯にする。
●もしくは、抜かなくても良い歯を抜いてAll on 4のようなインプラントにする。

こうした選択肢の他に、当院ではもう一つの方法として、レジリエンツテレスコープをご提案させていただいています。

レジリエンツテレスコープとは?
What means by Resilienz Teleskop, Resilience telescope?

レジリエンツテレスコープ 数本の歯に適応されるテレスコープ義歯という治療方法で、自分の歯の根を抜かずに利用できる方法です。審美的にも美しく、機能的にも優れているドイツで開発された技術です。テレスコープの歴史は130年以上と大変長く、世界で信頼されています。

This is a treatment option with Telescopic crown system to be used for a few remaining teeth in the dental arch which can be applied without any natural teeth root extraction. The system is excellent in esthetics and function based on German development. Telescopic crowns are very old with a history over more than 120 years and accepted worldwide.

≫English page

このような方は、ご相談ください
●歯周病がとても進んでいて、ほとんど歯がグラグラ。数本以外は・・・・ここまで悪くしてしまったけど、できるだけ歯は残したい。
●歯医者のトラウマで長い間放置をした結果、ほとんどの歯を抜かなければいけなくなってしまった。
●骨量が不足していてインプラントができないと言われた。
●残せる歯もすべて抜いてインプラントを進められた。
●歯がぐらぐらで噛むことができない
●数本しか残ってないため、総入れ歯になるのを待っている状態。
●残っている歯をすべて抜いて、総入れ歯にするかインプラントにするか迷っている。

特に残っている歯が数本しかない場合、「総入れ歯になるまで歯が抜けるのを待ちましょう。」というドクターの言葉は、患者さまにとって精神的にも大変不安な状態にあると思います。当院では、できる限り患者さまのご要望におこたえしますので、是非相談ください。

レジリエンツテレスコープ >>症例を見る


トップへ » 入れ歯をお考えの方に » レジリエンツテレスコープ » こんな症状でお悩みの方に


コールバック予約
英語サイト

PAGE TOP