トップへ » 入れ歯をお考えの方に » テレスコープ義歯の種類について » コーヌスクローネ義歯

コーヌスクローネ義歯

コーヌスとは円錐形の意味で、歯に直接被せる内冠と入れ歯の本体、外冠により構成されています。(二重に被せる方法)

IMG_0038.jpg

内冠は円錐形で角度は6度(コーヌス角)、維持力は内冠、外冠のくさび力によります。同じ形の紙コップを重ねると、ぴったりくっついて離れなる現象をイメージして頂けるとわかりやすいかもしれません。装着の最後で内冠と外冠がすっとはまることにより維持力をだします。

はずし方は入れ歯に指がかかるくぼみを作っておいて、それを持ち上げるとはずれます。この角度は歯の状態により調整することができます。

コーヌスクローネ義歯は神経のない歯には適応ではありません。歯の残っている場所によっては禁忌症もあります。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

見た目が美しい入れ歯、コーヌスクローネ
 


トップへ » 入れ歯をお考えの方に » テレスコープ義歯の種類について » コーヌスクローネ義歯


コールバック予約
英語サイト

PAGE TOP