トップへ » 入れ歯をお考えの方に » 保険の入れ歯との違い » 保険入れ歯クラスプ義歯は、ドイツでは使われていません

保険入れ歯クラスプ義歯は、ドイツでは使われていません

現在、日本の保険で作られる入れ歯はクラスプという金属のバネをつかったものです。クラスプと歯は密着していますが、接着はしていません。

そのため入れ歯が動くと一緒に歯を動かしてしまい、ゆっくりと歯を抜いてしまう力が加わってしまいます。バネで歯を支えているため、口の中で入れ歯は常に動いてしまいます。

私たち歯科医師が歯を抜歯するとき、歯を横に揺らしてから歯を抜きますが、保険の入れ歯の場合、同じことをクラスプがしてしまうのです。

日本の保険入れ歯は、ドイツでは使われていません
 ▲保険適用の部分入れ歯。金属バネが歯に負担をかけ、見た目もよくありません。

ドイツでは、クラスプによる治療方法はすでに歯科大学の授業から外され、歯のために良くない、古い方法とされています。

それでは、入れ歯先進国であるドイツではどのような入れ歯が使われているのでしょうか?

実は、歯科治療先進国・ドイツでは、「テレスコープ」という入れ歯を使っています。これは、保険の部分入れ歯と違い、歯に引っ掛ける金属のバネを使わず、「はめこみ式」の装置を使った入れ歯のことを表します。

テレスコープの入れ歯の歴史は1886年に始まり130年以上の歴史があります。その間、ずっと改良、進化し続けて現代にいたっているため、非常に精密で、歴史のある入れ歯として世界的に高い評価を得ています。

IMGsiori_8994-1024x683.jpg

ドイツ式テレスコープ義歯のご紹介


トップへ » 入れ歯をお考えの方に » 保険の入れ歯との違い » 保険入れ歯クラスプ義歯は、ドイツでは使われていません


コールバック予約
英語サイト

PAGE TOP