トップへ » 入れ歯をお考えの方に » 入れ歯のメンテナンス » 定期的なメンテナンスで、入れ歯も残った歯も長持ち

定期的なメンテナンスで、入れ歯も残った歯も長持ち

メンテナンスで、入れ歯も残った歯も長持ち歯の健康を維持し、できるだけ長く入れ歯をお使いいただくためには、予防が必要です。毎日の歯ブラシをすることはもちろん大切ですが、定期的に歯科医院で歯をクリーニングすることをおすすめします。

超音波スケーラーで歯ブラシで落とせない汚れの除去
歯科医師、歯科衛生士による歯のクリーニングは超音波スケーラーという特殊な器具を使って汚れを除去します。特に歯垢に唾液中のカルシウムが付着してできる歯石は、歯ブラシなどの通常のお手入れでは落とすことができません。

特に異常がなくても定期的に、歯科医師、歯科衛生士にみてもらい、クリーニングを受けることが、むし歯や歯槽膿漏になるのを予防し、歯に対する関心も高まり、口の中に注意をはらうようになります。これが結果として歯の健康によい影響をもたらします。

逆に歯科医師の健診をうけたことがない人は、重大な異常にも気づくことが遅れ、歯周病(歯槽膿漏)になったとき、すでに手遅れ、といった危険性が高くなってしまいます。

入れ歯の場合、快適に噛めるとメンテナンスなんて必要ない、と思われる方がいらっしゃいます。しかし、汚れが溜まると口臭の原因になったり、見た目もよくありません。特に部分入れ歯の場合、メンテナンスをしないと、土台になっている歯が歯周病になって抜けてしまいます。

稲葉歯科医院のリーゲルテレスコープは抜けてしまったとしても修理ができますが、普通の保険治療の入れ歯では、残った歯が抜ける度に作りなおしが必要になります。 そのため、歯を一本でも失わないためにも、定期的なメンテナンスが大切です。

安心してメンテナンスをうけて入れ歯を長持ちさせるか、歯を失いながら何度も作りかえるのとどちらがいいでしょうか?

大切な歯を守るために、入れ歯を快適にお使いいただくために、3か月に1度のメンテナンス(定期検診)を受けることをおすすめします。

※メンテナンス費用は、1回につき12,000円です。


トップへ » 入れ歯をお考えの方に » 入れ歯のメンテナンス » 定期的なメンテナンスで、入れ歯も残った歯も長持ち


コールバック予約
英語サイト

PAGE TOP