両隣、歯を削るブリッジに抵抗があります。(現在、海外赴任中) | 東京の入れ歯なら千代田区の入れ歯専門 稲葉歯科医院へ

稲葉歯科医院は、患者様に合わせたオーダーメイドのドイツ式入れ歯治療を提供しております。

TEL.03-3251-8660

平日 10:00~17:00まで診療

入れ歯無料相談
TEL.03-3251-8660

平日 10:00~17:00まで診療

両隣、歯を削るブリッジに抵抗があります。(現在、海外赴任中)

両隣、歯を削るブリッジに抵抗があります。(現在、海外赴任中)

現在海外赴任中です。10年前から前歯を2本とも差し歯にしていますが、1週間前より左の前歯がぐらつき周辺の歯茎が腫れ出しました。
急遽帰国し、行きつけの歯科医の診断により、途中破断した差し歯ごと抜歯し、ブリッジをしていただくことになりました。 しかし、ブリッジは左右の歯を削る必要があるという点に抵抗を感じています。リーゲルテレスコープは1本だけ入れる場合、どのような仕組みになるのか教えていただけますか?「ワイヤーは見えない」とのことですが、一般的な左右の歯にワイヤーを引っ掛ける義歯との違いを理解したいと考えています。次回、帰国する際ご相談お願いできればと思います。ご多忙中恐れ入りますがよろしくお願いいたします。

A.入れ歯をご検討されていらっしゃるご相談の中に、できる限り歯を削りたくないと言う声をお聞きします。
「歯を削らずに、入れ歯を入れたい」それは、当然のお気持ちです。
削るという事に関しましては、リーゲルテレスコープも同じです。

しかし、削る事が歯を痛めることではありません。 しっかりとした診査診断の上、理想的なかみ合わせのバランスを作り、歯が動かないように固定をすれば長期的に口の中で機能することができ、審美的問題も解決されます。

ワイヤーのかかるクラスプデンチャーは、口の中で常に動いています。
ということは、支えてる歯も揺らしてしまうので、結果両隣の歯を揺らしてしまう事になります。

リーゲルテレスコープは1本だけ入れる場合、どのような仕組みになるのか教えていただけますか?

1本の欠損の前歯のリーゲルテレスコープというのは通常行っておりません。2本以上の欠損に適応されます。 従って、1本の欠損の場合は、ブリッジかインプラントをおすすめさせていただきたいと思います。

また、こちらの記事も合わせて読んでいただければと思います。

入れ歯を入れるために健康な歯を削ることの必要性について >>>


■関連記事

入れ歯無料相談 >>>

入れ歯に関する質問ページ >>>

両隣、歯を削るブリッジに抵抗があります。(現在、海外赴任中) | 東京の入れ歯なら千代田区の入れ歯専門 稲葉歯科医院へ