差し歯の土台にヒビが入ってるため、インプラントか入れ歯を検討中-最新総入れ歯・部分入れ歯なら稲葉歯科医院|東京都千代田区

自分の歯のように思える。総入れ歯・部分入れ歯の東京秋葉原、稲葉歯科医院はお一人づつに合った治療を行っています。

TEL.03-3251-8660

平日 10:00~17:00まで診療

入れ歯無料相談
TEL.03-3251-8660

平日 10:00~17:00まで診療

差し歯の土台にヒビが入ってるため、インプラントか入れ歯を検討中

差し歯の土台にヒビが入ってるため、インプラントか入れ歯を検討中

Q.上の前歯を差し歯にしていますが、土台にヒビが入っているため、インプラントか入れ歯での治療を検討しております。
ほとんどの歯が差し歯になっているため、土台が大丈夫かも心配です。

A.神経の治療を行った歯は、神経がある歯に比べてとても弱いです。
噛み合わせが強すぎたり、ブリッジなど負担がかかるとヒビが入ったり、割れてしまう可能性があります。

ほとんどの歯が差し歯ということは、全体的に弱いので、1本の歯への負担を減らすために、できるだけ連結して繋ぎ、力を全体に分散させる必要があります。

当院で行っている、リーゲルテレスコープという方法は、差し歯となっている歯を内冠により、一次固定します。

差し歯は横揺れに弱いので、固定することにより、歯が1本1本揺れるのを防ぎます。

その上から、外冠を被せ、2重に固定するため、非常に頑丈です。

さらに、シュパルテという金属床をつけることがポイントです。

上あごの硬い部分を利用することにより、歯だけに負担をかけるのではなく、口蓋に力を分散させる役割があります。

違和感がありそう。

と思われるかもしれませんが、ほとんどの患者様が違和感を感じることなく使って頂いているので、ご安心ください。

このようなケースにおいては、最小限の治療をしていくと、歯を次々と失う可能性があります。

全体的に考え、力を分散させるリーゲルテレスコープをおすすめいたします。


■関連記事

入れ歯無料相談 >>>

入れ歯に関する質問ページ >>>