ドイツの入れ歯 コーヌス・クローネの小冊子が完成しました♪

東京の部分入れ歯、総入れ歯なら千代田区の稲葉歯科医院へ

ドイツの入れ歯 コーヌス・クローネの小冊子が完成しました♪

コーヌス・クローネ ルネサンス 小冊子が完成しました。
 
「入れ歯」と聞くと、どうしても昔ながらのイメージをお持ちの方が多いと思います。
 

 
しかし、ドイツで開発されたコーヌスクローネは金属の金具が見えず、ひとくくりに「入れ歯」と表現できないぐらい、審美的にも機能的にも優れている技術です。

 


 
昨今、コーヌスクローネは材料の改良に伴い、さらに精度が高くなりました。
 

 
美しいコーヌスクローネの写真を沢山載せることで、これまでの入れ歯のイメージを払拭し、患者さまに興味を持っていただけるのではと思っております。
 

 
小冊子の中には、ドイツにおけるテレスコープ義歯の最新事情などもご紹介させていただいております。
 

 
ドイツで開発されたコーヌスクローネは、歯科技工士なくしては扱えない高い技術力が必要です。
 
歯科医師同様に歯科技工士は、患者さまに入れ歯を長く使っていただくための人生のパートナーだと思い、技工に携わっております。
 
耐久性や品質の高さはもちろんの事、丹精込めて製作しておりますので、患者さまにはぜひご自身の一部として長く使っていただきたいと思っております。
 
この小冊子を通じて、コーヌスクローネが一つ一つ手作りであり、歯科技工士が患者さまの笑顔を思い浮かべながら製作しているということをお伝えできれば、この上ない喜びです。
 
小冊子は、患者さまに無料で差し上げております。
 
稲葉歯科医院の受付に置いてありますので、自由にお持ち帰りください。
 
また、こちらのフォームより「コーヌスクローネ小冊子希望」とお問い合わせをいただければ、お送りさせていただきたいと思いますので、どうぞ遠慮なくご連絡ください。
 
▼お問い合わせフォーム

関連する記事

ブログトップへ戻る