新型コロナウィルス、手近な市販製品で消毒できる? | 東京千代田区のドイツ式入れ歯専門 稲葉歯科医院

稲葉歯科医院は、患者様に合わせたオーダーメイドのドイツ式入れ歯治療を提供しております。

TEL.03-3251-8660

平日 10:00~17:00まで診療

入れ歯無料相談
TEL.03-3251-8660

平日 10:00~17:00まで診療

新型コロナウィルス、手近な市販製品で消毒できる?

マスクやグローブに加えて、消毒用エタノール(アルコール)も手に入らないアイテムの一つです。
 
一般にスーパーなどで買える、市販製品が新型コロナウィルスに効くのかわからず、エタノールが買い占めが続き、本当に必要な現場に行き渡らない状況が続いています。
 
北里大学の研究グループが、新型コロナウイルスの消毒効果が期待できる市販製品を対象に、新型コロナウイルス不活化効果がある可能性について研究結果を報告しました。
 

・接触時間:1 分(製品裏面の使い方から、手指の洗浄、拭き取り洗浄を想定 )
 

 
・接触時間:10分(製品裏面の使い方から、洗濯、器具の洗浄を想定 )
 

 

●水道水で濃度を調整した 10%、30%、50%、70%、90%のエタノールの不活性化について
 
接触時間:1 分
 
不活化効果あり:50%、70%、90%エタノール
不活化効果なし:10%、30%エタノール
 
接触時間:10 分
 
不活化効果あり:50%、70%、90%エタノール
不活化効果なし:10%、30%エタノール
 
まとめ
 
エタノールは、50%以上の濃度であれば、接触時間1分間で十分なウイルス不活性化が可能だと考えられた。
 
不活化効果の確認された上記製品は、新型コロナウイルスの不活化に有効と考えられた。
 
新型コロナウイルスの汚染が懸念される手指や硬質表面の洗浄の他、日常使用する衣類やリネン類の洗浄などに活用が期待できる。
 
・・・・・・・・
 
ということです。
 
普段からのお掃除や選択に使っているものばかりなので、参考になればと思いブログで紹介させていただきました。
 
参照元の詳細はこちらです。
医薬部外品および雑貨の新型コロナウイルス (SARS-CoV-2)不活化効果について

関連する入れ歯のブログ記事

ブログトップへ戻る

新型コロナウィルス、手近な市販製品で消毒できる? | 東京千代田区のドイツ式入れ歯専門 稲葉歯科医院