インプラントをするのに骨が足りないと言われた方へ

東京の部分入れ歯、総入れ歯なら千代田区の稲葉歯科医院へ

インプラントをするのに骨が足りないと言われた方へ

ご相談の中で多くあるのが、一度インプラントの相談をしたのですが、骨が足りないと言われるケースです。

 


 
インプラントは、「入れ歯に取って代わる画期的な技術」とも言われておりますが、どのような治療方法にもメリットとデメリットの両面があります。
 
支柱を骨に埋め込む形となるインプラントは、歯を支える力や安定感に優れていることは確かです。

 
ただし、総入れ歯に匹敵する本数の義歯を全てインプラントで支えるとするならば、それなりに多くの本数のインプラントを埋め込む必要があります。


 
歯茎がやせてしまうと、通常インプラント治療が難しくなります。骨造成手術などを行い、新しい骨を作る方法もありますが、全体的に骨が足りない場合には、長い時間がかかります。
 
また、ご自身の歯を失うことになってしまった原因が重度の歯周病だった場合には、顎の骨が薄くなっていることが予想されるため難易度も高くなります。
 
さらには、インプラントにした後も、歯周病に対する適切なケアの継続が必要です。
 
入れ歯は歯周病にはなりませんが、インプラントの場合は、歯周病に似た「インプラント周囲炎」に侵される危険があるからです。
 
インプラントができないと言われたけれど、入れ歯は絶対イヤ。
 
確かに、一般的な入れ歯は、見た目も機能的にも決して優れているとは言えず、ネガティブなイメージをお持ちの方も多いでしょう。
 
そのような方に、インプラントでも、一般的な入れ歯でもない方法、テレスコープ義歯についてご紹介させていただきたいと思います。
 

 
ドイツの入れ歯、テレスコープ義歯について >>>
 

口元は、食事をするために重要な器官であると同時に、コミュニケーションにおいても非常に大切な意味を持ちます。

 
インプラントをするのに、骨が足りないと言われた方、これからの治療に迷っていらっしゃる方も、ぜひ当院で、ご満足いただける治療と出会っていただきたいと思います。
 
さらに当院では、「活かせる歯が数本残っている」という場合には、ドイツで開発された「レジリエンツテレスコープ」という治療方法にも対応していますので、どうぞ諦めずにご相談下さい。

関連する記事

ブログトップへ戻る