骨隆起を削らないと、入れ歯を作ることができないと言われた方へ | 東京の入れ歯なら千代田区の入れ歯専門 稲葉歯科医院へ

東京の入れ歯なら千代田区の稲葉歯科医院へ

骨隆起を削らないと、入れ歯を作ることができないと言われた方へ

骨隆起(こつりゅうき)とは、上あごや下あごの骨の一部が膨らみ、突起物のように盛り上がっている状態を言います。
 
上あごだと、口蓋の中央部分、内側外側、下顎だと、内側外側両方にできることがあり、この骨が入れ歯を作る際に安定を妨げてしまうので、骨を削る手術をすすめられる場合があります。
 

 
こちらの患者様は40代女性。
 
他院で、骨隆起が大きいので入れ歯を作るのが難しいため、口腔外科にて骨隆起を削りましょう。
 
と提案されたそうです。
 

骨隆起を削ると言われても、外科的な手術を伴うので、患者さまも抵抗があるのではないでしょうか?
 
私たちは、患者さまの骨隆起を削ることなく、反対に利用できるような入れ歯を作っております。
 
患者さまは、入れ歯の中に鍵がかかるタイプのリーゲルテレスコープという方法で治療をさせていただきました。
 

 
患者さまが舌で触った感じも問題ありませんし、反対にこの部位をしっかり覆うことで骨隆起は利点ともなり得ます。
 
中途半端に覆うと、痛みや違和感を感じてしまいます。
 

 
また、こちらの患者さまは50代男性、7年前に同じくリーゲルテレスコープで治療をさせていただきました。

 


 
少し分かりにくいかもしれませんが、上あごの中央部に骨隆起があり、当初真ん中にバーを通すタイプの入れ歯を提案されたそうですが、骨隆起が邪魔になるので、削りましょうと提案をされたそうです。

 


 
上あごの中央部に骨隆起があったとしても、全く問題ありません。
 
このように、しっかりと覆ってあげることで、この部分を反対にメリットとして利用することができます。
 
骨隆起の部分は、強いため、噛む力を受け止め、残っている歯にできる限り負担をかけずに利用することができました。

 


 
7年経過したリーゲルテレスコープ。
 
先日、メンテナンスにいらっしゃった時に、
 
「上あごを削ると言われた時にはビックリしましたが、削らずにすんで助かりました。上あごの床も安定感があり違和感なく過ごせています。」
 
とおっしゃっていただきました。
 
これからも、長く使っていただけるように見守って参りたいと思います。
 
骨隆起を削らないと、入れ歯を作ることができないと言われ悩んでいらっしゃる方、一度ご相談いただければ、あなたの歯や骨に合わせた方法をご提案させていただきたいと思います。

関連する入れ歯のブログ記事

ブログトップへ戻る