部分入れ歯のフックの針金を取りたいのですが、どのような方法がありますか? | 東京千代田区のドイツ式入れ歯専門 稲葉歯科医院

東京の入れ歯なら千代田区の稲葉歯科医院へ

部分入れ歯のフックの針金を取りたいのですが、どのような方法がありますか?

ブリッジで支えにしていた奥歯を失い、残っている手前の歯にフックをかけて入れ歯を支える部分入れ歯。
 

 
最初はもう少し奥の方にフックをかけていたのだけど、歯を失うごとに手前にフックがかかり、最終的にはこのような状態で過ごさなくてはいけない。
 
これでは、日常生活に支障があります。どうにかならないものでしょうか・・・というご相談を頂きます。
 

 

 
現在、日本の保険で作られる入れ歯はクラスプという金属のバネをつかったものです。
 
入れ歯が動くと一緒に歯を動かしてしまい、ゆっくりと歯を抜いてしまう力が加わってしまいます。
 
バネで歯を支えているため、口の中で入れ歯は常に動いてしまいます。
 
この状態では、笑うこともできません。食事をすることすらままならず、発音も思うようにできないと思います。
 
日本の保険制度ではここまでが限界となります。
 

 

金具が見えず、見た目にもわからないようにしたい。ということで、まずはインプラントができるかどうか相談に行かれたのではないでしょうか?
 
1本や2本のインプラントを入れるぐらいであれば問題ありませんが、沢山の本数のインプラントを入れることのリスクも知っておく必要があると思います。
 
すでに4人に1人が高齢者という超高齢社会の時代であり、2040年には、2.8人に1人が、高齢者となります。
 
インプラント治療を行って、30年後どうなるのかということについて、ほとんどデータがありません。
 
インプラントを一旦行うと、再治療を伴う外科的な侵襲にずっと侵される事になります。
 
かなりリスクのある患者さまに対しても、歯を失う度にインプラントを追加していく必要があると思います。
 
高齢者は嚥下も困難になり、外傷も起こしやすくなり、全身疾患もあり、いわゆる多病となります。
 
例えば、50代で全ての歯にインプラントを行った場合、80代を迎えて同じ状態で保つことは難しくなります。

 

そのような理由で、沢山の歯を失ってしまった方は、インプラントより入れ歯の方が良い場合もあります。
 
入れ歯先進国、ドイツではクラスプ義歯はすでに行われておらず、大学の授業にも出てくることはありません。
 
それでは、どのような方法で入れ歯を支えているのでしょうか?
 
ドイツでは、テレスコープ義歯という方法で、解決しています。
 
ドイツの入れ歯 テレスコープ義歯とは? >>>

 

金属のクラスプが、見えることがないため、安心して笑うことができます。
 
また、残っている歯をできる限り守りながら、長く使っていただけることをコンセプトとしております。
 
見た目に美しいため、若い方からお年を召した方まで幅広く使っていただいております。
 
インプラントでもない、保険のフックがついた入れ歯でもない、もう一つの選択肢として知って頂きたいと思います。

 

超高齢社会を迎えた今、質の高い義歯を求める方は、今まで以上に増えて参ります。
 
稲葉歯科医院が専門としている、ドイツの入れ歯テレスープ義歯が、患者さまに広まっていただけるようにブログでもご紹介していきたいと思います。

 
 

関連する入れ歯のブログ記事

ブログトップへ戻る